食生活を含めた生活の質全体を向上できる

歯科矯正

歯並びや咬み合わせに問題があると、食生活の質を低下させる問題があります。しっかりと咀嚼できなければ、よく噛まない状態で飲み込むことになるので、胃腸は大きな負担を背負うことになります。ほかにも噛み合わせの悪化による頭痛や肩こり、歯並びの悪さによる外観の問題などが起こり得るでしょう。三重の矯正歯科は生活全体の質を底上げし、快適な生活を応援してくれます。日本人が欧米旅行をしたときに驚くことのひとつは、現地住民の歯並びがよいことです。日本という国は先進国でありながら、歯に対する意識が低いことが問題になっています。その理由に日本人の歯科嫌いがあり、歯科は痛くて嫌なものという認識を持っている人は多いでしょう。三重でも同じ特徴が見られますが、最近の歯科は矯正歯科も含めて痛みを抑えた治療が普及しています。矯正治療の場合は矯正器具が目立つから嫌という人もいますが、三重ではインビザラインと呼ばれるマウスピース矯正が普及しており、透明マウスピースを装着するだけで歯並びを改善できます。ほかにも裏側にブラケットを装着する方法もあり、こちらはさらに目立ちません。裏側矯正ならば営業マンや接客業の人でも問題なく歯列矯正ができるはずです。

目立たない歯列矯正を受けるメリットは

歯科矯正

人生において最も費用対効果に優れた治療法は歯の治療だと言われており、実際に治療を受けた人達は強く実感しています。三重の矯正歯科で歯並びと噛み合わせを改善した人は、総じてやってよかったと答えています。マウスピース矯正は食事や歯磨きのときは取り外せるので、生活に支障がほとんど出ません。従来の表側矯正だと食事のときに異物感を覚えたり、歯磨きのときにプラークをよく除去できなかったりする問題が発生していました。三重で矯正歯科に通院している期間中に、虫歯や歯周病になってしまう人は少なからずいたのです。マウスピース矯正中は歯に若干の痛みを感じることがありますが、これは歯が正常に動いている証拠でもあります。マウスピースはほとんど目立ちませんが、裏側矯正ならさらに周りから気づかれません。大口を開けて笑うような状況がなければ、歯の裏を見られることはまずないからです。裏側矯正は若干料金が高額になりますが、周囲に気づかれなければ精神的な負担はぐっと軽くなり、仕事にも影響しないメリットがあります。表側矯正は口元の審美性の問題から、一部の会社では施術を受けることを不可としていますが、マウスピースや裏側矯正なら許可してくれるケースが多いです。

広告募集中